医療法人社団 魁正会 服部胃腸科

診察・検査予約・お問い合わせ
096-325-2300
FAX:096-352-4778

人間ドックの予約

当院の人間ドックについて

当院の人間ドックは『胃腸ドック』と銘打ち、5階の健康管理センターで消化器系の内視鏡専門施設としての特徴を生かした早期がんの発見を第一に、慢性的な成人病の早期発見・治療など総合的な検査を実施しています。
日本人のがん死亡率は、胃がん・大腸がんなど、消化器系がんが全体の70%以上を占めています。内視鏡検査をすることで、食道、胃、大腸がんは高い確率で発見することができます。もちろん、人間ドックの役割は受診者のライフスタイルを把握し、それに伴う生活指導や栄養指導など、予防医学や健康管理の適切な指導を前提としています。

最新の内視鏡システムで精密な診断と治療

NBI + 拡大内視鏡で早期がんを発見

当院で使用している内視鏡機器は、ハイビジョン・ズーム(拡大)内視鏡と、特殊な光で粘膜表層の血管の変化や微細な粘膜模様を観察するNBI(Narrow Band Imaging = 狭帯域フィルター内視鏡)システムを導入し、前がん状態のわずかな変化を捉えたり、病変の良悪性の診断やがんの範囲決定など、切除可能な微小ながん組織の発見に威力を発揮しています。

食道、中・下咽頭腫瘍の発見率が向上

拡大内視鏡とNBIシステムの併用により、これまで早期発見が困難だった耳鼻咽喉科領域の咽頭腫瘍や食道がんの発見率が向上しました。さらに、胃液の逆流で生じ、がんになりやすいバレット食道や、大腸においては平たん型病変など前がん病変の発見をはじめ、質的深達度診断にも有効です。

大腸内視鏡の画像

  • 通常の拡大内視鏡像

    色素を散布し拡大観察

  • 拡大内視鏡+NBIシステムの併用画像

    毛細血管や微細構造の精密な観察や診断が可能に

食道内視鏡の画像

  • 通常の拡大内視鏡像

    中央奥に病変が写っている

  • 拡大内視鏡+NBIシステムの併用画像

    表面の微細な変化を捉え、病変の境界面を際立たせることで詳細な観察・診断が可能に

人間ドックの流れ

人間ドック(日帰りコース)

  1. 8時30分に当院5階の健康管理センター受付にお越し下さい。
  2. 更衣室にて当院指定の検査着に着替えていただきます。
  3. 問診・血圧測定・採血を行います。
  4. 医師による内科診察を行います。
  5. 腹部エコー検査
  6. 検尿・身体測定
  7. 下剤の飲用(大腸をきれいにするため1.5~2リットルの水薬を飲んでいただきます。)
    ※大腸カメラなしのコースは8へ
  8. 視力・眼底検査・心電図・肺機能・胸部レントゲン(便の様子を見ながら行っていきます。)
  9. 胃カメラ・大腸カメラ
    (検査が楽に受けられるように注射麻酔をします。検査終了後は注射麻酔が醒めるまで休んでいただきます。)
  10. 医師より結果説明・栄養指導を行います。 *終了時間は15時から16時頃になります。

人間ドック(1泊コース)

一日目

  1. 15時に当院5階の健康管理センター受付にお越し下さい。
  2. 看護師がお部屋にご案内します。
  3. 問診・血圧測定を行います。
  4. 身体測定・視力・眼底検査・心電図・肺機能・胸部レントゲンを行います。
  5. 医師による内科診察を行います。
  6. 18時頃に夕食をご用意致します(検査食になります。)
  7. おやすみ前に下剤を飲んでいただきます。

二日目

  1. 採尿・採血(8時頃に看護師がお部屋に伺います。)
  2. 8時20分頃より腹部エコー検査を開始します。
  3. 下剤の飲用(大腸をきれいにするため1.5~2リットルの水薬を飲んでいただきます。)
  4. 胃カメラ・大腸カメラ
    (検査が楽に受けられるように注射麻酔をします。検査終了後は注射麻酔が醒めるまで休んでいただきます。)
  5. 医師より結果説明・栄養指導を行います。
  6. 昼食をご用意致します *終了時間は13時から15時頃になります。

シェアする