医療法人社団 魁正会 服部胃腸科

診察・検査予約・お問い合わせ
096-325-2300
FAX:096-352-4778

院長挨拶

理事長・院長・医学博士

櫻井 宏一(さくらい こういち)

櫻井 宏一

熊本市出身、1966(昭和41)年11月10日生まれ。
91年久留米大学医学部卒業後、熊本大学第3内科入局。熊本地域医療センター、昭和大学藤が丘病院消化器内科から99年6月熊本大学第3内科勤務。03年臓器別に伴い熊本大学消化器内科に。04年6月同助手、07年4月同助教、10年4月同消化器内科医局長、光学医療診療部副部長兼務、12年10月同講師を経て、13年4月服部胃腸科院長、14年4月同理事長・院長就任。

所属学会・資格

  • 医学博士
  • 日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
  • 日本消化器内視鏡学会
    九州支部評議員・幹事
  • 日本消化器病学会専門医
    九州支部評議員
  • 日本大腸検査学会九州支部監事
  • H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 日本消化管学会認定医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本産業医認定医

趣味

観劇、野球

“地域のかかりつけ医として患者様本位の医療を”

服部胃腸科は、内視鏡医療に特化した消化器専門施設として、NBIシステムやハイビジョン拡大内視鏡など最新の内視鏡機器を駆使し、食道、胃、大腸などの早期がんの発見に力を注いでいます。また、内視鏡による治療においても、早期の食道がん、胃がん、大腸がんに対してESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)という新しい技術を積極的に導入し、内視鏡による診断から治療までを一貫して行う完結型の医療施設を目指し、患者様の肉体的、精神的な負担を減らす医療に取り組んでいます。
一方、「人間ドックなど予防医学の推進を図る」という診療方針を掲げる当院では、消化器全体の精密検査を行う「消化器ドック」にも力を入れています。設備面では新たに16列マルチスライスCTを導入し、消化器領域以外の疾患についても診療の幅を広げています。さらに、院内には3人の女性医師が常勤しており、毎週月曜日は「レディースデイ」とし、女性の大腸検査の受診促進を目指した取り組みを強化してきました。実際にこの取り組みの中で、30歳代の女性のポリープ切除症例や大腸がんの発見もあり、今後も続ける必要があると実感しています。
これからも「患者様本位の医療を行う」という診療理念のもと、地域のかかりつけ医として皆様とのコミュニケーションを図ります。職員一同努力して参りますので、今後とも皆様方の変わらぬご支援、ご協力をお願い申し上げます。

シェアする